Pythonを実行する

プログラムの実行

それでは実際にプログラムを書いてみましょう。 それぞれのコードの意味は、この後の章で各自説明しますので、 まずは実際に書いたプログラムを実行してみましょう。 odd_or_even.pyという名前でファイルを作成し、以下のプログラムを記述します。 Pythonの特徴である字下げ(インデント)に注意してください。 字下げはタブでも半角空白でも大丈夫ですが、空白を使用する際は個数に注意してください。

  Pythonが正しくインストールされれば、プログラムを実行すると、以下のような結果が出力されます。 1 is odd 2 is even 3 is odd 4 is even 5 is odd このプログラムは1から5までの値が奇数か偶数かを判断するプログラムです。 日本語に訳すと、上記のプログラムは以下のような処理を行っています。

  • 1から5までの範囲の数値に対して
  • 数値を2で割った余りが0でない場合は、「数値 is odd」と表示
  • そうでない場合は、「数値 is even」と表示

.format(i)というコマンドはformat関数というものです。 これは後々勉強します。 次のページから、Pythonの記法の説明に入りますが、今後の学習のために以下のことを学びましょう。

  プログラムで文字を出力するための命令文がprint文です。 以下のプログラムを実行して、print文の使用方法を理解してください。 print_explain.py

 

コメント

コメントはソースコードにコメントとして挿入した注釈のことです。 コンピュータが処理を行うときには無視されるため、自由に文を挿入することができます。 自分が書いたプログラムは他の人が読むと、コードだけではプログラムの意図が分からないことがありまるこういった時、コメントを入れておけば、相手にこちらの意図を理解してもらう助けになります。 一時的に動作させたくないプログラムをコメントアウトにすることもできます。 行をコメントの状態にする場合、「#」を先頭に記述します。 以下のプログラムは”one”を出力し、”two”, “three”は出力しません。 comment.py

  複数行を一気にコメントアウトしたい場合は、ダブルクォーテーション(またはシングルクォーテーション)3つで文を囲みます。 multi_comment_2.py

コメントを上手に活用しましょう。  

日本語の出力

以下のプログラムを実行してください。エラーが発生すると思います。 display_jp1.py

  Pythonで日本語を出力したい場合、1行目に以下のコードを追加してください。 display_jp2.py

  正しく出力されます。Pythonで日本語を入出力したい場合は、文字コードにutf-8を使用することを明記する必要があります。コメントで記述していますが、Pythonは文字コードの設定を理解します。