Python 型(数値型・文字列型)

Python基礎講座として型(数値型、文字列型)についてご説明します。しっかり理解してください。 まず変数というものを理解ましょう。  

変数について

”変わる値”を格納するための「箱」です。 変数名 = で変数を作成することが出来ます。

  変数には数値、文字列といった定数だけでなく、変数の値を格納することができます。 を可能です。 上記の場合、var1の値は最終的に2にもなります。 変数という名前ではあるのですが、定数(変わらない値)も格納することが出来ます。 また、定数を作成する場合は、変数の名前を大文字にするという共通のルールがあります。覚えておきましょう。 TAX = 0.10 Pythonでは変数名の大文字と小文字を区別します。”tax”と”TAX”は異なる変数となることに注意してください。

データの格納

変数には数値や文字列、様々な形のデータを格納することが出来ます。 Pythonの特徴として、CやJavaなどと異なり、変数を宣言する際に、データの型を宣言する必要がありません。 <Pythonの場合>

<C言語の場合>

<Javaの場合>

Pythonは特徴として変数の型が数値なのか、文字列なのかを自動で判定する機能を持っています。  

数値型

x = 1 y = 1.23 z = 5+ 9j 整数、小数、複素数を使用することができます。 数値型データの算術演算は +, -, *, /, %(剰余)を使用することができます。 “//”を使用すると、小数以下を切り捨てた除算を使用することができます。 “**”を使用すると、数字のn乗を使用することができます。 以下のコマンドを実行してみましょう。

以下のような結果が出力されます。

文字列型

文字列型は” “または’ ‘で括った文字を格納します。 txt= “this is text” txt1 = ‘1’ text1は数値の1ではなく文字の’1’を取ります。  

シーケンス

「順番に並んだもの。順番に処理をすること」という意味です。典型的なシーケンスとしてリストがあります。Pythonでは文字列型も「文字」のシーケンスとして取り扱います。 Pythonではシーケンスのデータに対して共通した処理を行います。文字列型のデータにもその操作を行います。  

文字列の結合

以下のコマンドを実行してみましょう。

以下の出力が返されます。

 

文字列を結合したい場合は”+”を使って行うことができます。 ‘*’を使って以下のコマンドを実行してみましょう。

以下の出力が返されます。

 

この時、bは数値型として認識され、変数bの回数だけaを繰り返す操作が行われます・ 次に以下のコマンドを入力してみましょう。

すると以下のようなエラーメッセージが表示されます。

int型でないstr型の文字列は乗算処理ができないと表示されます。注意しましょう。  

文字列の変換

int型の数値をstr型文字列に変換したい場合、以下のように記述しましょう。

以下の出力が返されます。

10を表示したコマンドはformat関数と呼びます。追ってご説明します。 また、type(str1)はstr1の文字型を返します。ここでは’str’すなわち文字型が返されています。   今度はstr型の文字列をint型の数値に変換したい場合、以下のように記述します。

以下の出力が返されます。

type(int2)はint2の文字型を返します。ここでは’int’すなわち数値型が返されています。 、文字列を数値に変換したい場合、以下のように記述します。 convert_explain.py

 

文字型の処理

文字列はその中から任意に文字を取り出すことができます。 以下のコマンドを入力してください。

すると、以下の文字が返されます。

0すなわち最初の文字が取り出されました。ここで注意していただきたいのは、Pythonの場合、0が一最初の位置を示します。今後、こういったケースが続きますので注意しましょう。

文字列str3の0番から3-1番目の文字列を返します。

3-1番目です。注意しましょう。ちなみにここに入る数字がマイナスの場合は最後尾から3番目の文字を返します。   以下のコマンドを入力してください。

文字列str3の0番から3-1番目の文字列を2文字間隔で返します。

  以下のコマンドを入力してください。

文字列str3の文字列長を返します。

  以下のコマンドを入力してください。

文字列str3の最小の文字、最大の文字を返します。

 

まとめ

型について学んでいただきました。基礎的なところをしっかり固めると、この後の発展がスムースになります。折に触れ復習してください。