Python環境構築1 Paizaioを使ってみる

はじめに

みなさんこんにちはALEXです。Pythonを勉強しよう!と初学者の方がまずぶつかる壁が「環境構築」です。環境構築とは、お使いの端末でPythonのプログラミングを記述して、実行することができるように必要なアプリをインストールし立ち上げることです。これはPCの操作などの知識を必要とするので、なかなかうまくいかず、そこで挫折してしまう方がとても多いです。 実際、当社で運営しているPython塾でも「環境構築方法を教えてください!」というご依頼が多いです。Google先生に教わり、たどり着いたサイトに書いてある通りにやってもPythonが起動しないということはよくあることです。 このブログでも初学者の方向けに、できるだけ容易に環境構築ができるように解説していきます。ただし、これはわたくしが扱っている端末での操作なので、ほかの環境ではうまくいかないかともあることはご承知おきください。  

Paizaioとは

ブラウザでプログラミング・実行ができる「オンライン実行環境」| paiza.IO

paiza.IOはブラウザ上でプログラミング、実行が出来るオンライン実行環境です。基本的に無料で利用ができます。   サインアップをしないでも利用することができます。左の「コード作成を試してみる(無料)」をクリックしましょう。実行画面にジャンプします。 画面左に使用する言語を選ぶタブがありますので、ここで「Pyhon3」を選びましょう。 これで環境構築が完了しました。上部のにコマンドを入力してすぐ下の左側のボタンを押すと、実行します。 ここでは、以下のformat関数のコマンドを入力してみます。すると、問題なくプログラムが実行できました。

初学者に最適です。

このサービスは無料であることがメリットです。また、端末に環境構築のアプリのインストール、セットアップすることなく、Pythonの実行環境を構築できることも大きなメリットです。   「とにかくプログラムを書いて動かしてみたい」という初学者の方にお勧めしています。