Raspberry Pi Python パイカメラインストール

はじめに

みなさんこんにちはALEXです。今回からラズパイの実践編を開始します。まずは、今後のアプリ開発に欠かせないカメラのセッティングを解説します。遠隔監視、AIを活用した画像認識等など、今後のIoT化のマストアイテムです。

 

環境

・Raspberry Pi 3 model B

・Raspberry Pi 用 カメラモジュール Camera Module for ラズベリーパイ

・カメラ収納ポート付きラズパイケース

・モバイルバッテリー

・接続用PC

 

 

カメラのセットアップ

カメラは、ラズパイのカメラ端子に接続して使用できるパイ・カメラを使います。カメラモジュール、ラズパイの基板上にそれぞれ端子がありますので、そちらにケーブルを差し込みます。まずカメラ側からです。

白いカメラケーブルをカメラの裏側に差しこみます。カメラケーブルはフラットケーブルで裏表があります。識別用に片方に青色のテープが貼られていますので、これを目印にしてください。コネクタに黒いフックがついているので、これを外れないように気をつけながら緩めてください。そして写真の通りの向きでケーブルを差し込みます。その後、黒いフックを押し込んで固定してください。

次に本体側です。本体基板のUSB端子の入力ポートとHDMI間にカメラ用のコネクタがあります。ここに先ほどと同じようにケーブルを差し込んでください。こちらはフックは白色です。裏表の方向は写真のとおりです。

これでカメラケーブルの取り付けは終わりです。次にボードとカメラをケースに収納しますケース本体の上蓋を外して基板をセットします。このとき、カメラケーブル側を上にしてください。取り付けたら上蓋をセットします。次にケーブルを本体のトップカバーに取り付けます。

私も苦労したのですが、ラズパイカメラでよくある不具合なのですが、カメラのコネクタが取れやすいものがたまにあります。画像赤の部分です。ここがはずれてしまうと、カメラを使用できないのでしっかり固定してください。

これでカメラの取り付けが終了です。本体の電源コネクタに電源ケーブルを差し込めば起動します。今回は、モバイルバッテリーを用意しました。写真のとおりで使用可能です。

 

カメラの撮影

ラズパイを起動してコマンドラインを立ち上げます。CUIからカメラを操作できます。
ラズパイには標準で、静止画を撮るraspistillと、動画を撮るraspividのコマンドがあるので、簡単に画像を扱えます。

念の為apt-get updateをして、全体をアップデートしてください。