Raspberry pi python 初期設定 WiFi設定

はじめに

Raspberry PiにOSをインストールしたら、次はRaspberryをWi-Fiに接続します。今回はそのための手順をご紹介します。

 

セットアップは、CUI,GUIどちらでも可能ですが、後々を考えCUIでやってみましょう。基本、以下に書いてあるコマンドをコピペして、機種ごとの設定条件を正しく入力すれば、必ず接続できます。

環境

・Raspberry Pi Zero WまたはRaspberry Pi 3(Raspberry Pi Zero W/WHと3B/3B+ならばWi-Fiが付属しています)

・microSDカード8GBで可(後々いろいろ入れるのであれば16GB)

・電源アダプター5A

・HDMI接続のモニター(Raspberry Pi Zero Wの場合変換コネクタが必要です)

・キーボード、マウス

 

Wi-Fiの設定(CUI)

Wi-Fiの設定で必要なファイルは主に2つです。自動的にIPアドレスを割り振るのであれば1ファイルもしくは2ファイルの設定だけで完了します。

2019年9月15日時点の現在のRaspbianのバージョン(現時点でRASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP Release date:2018-06-17)以降であれば従来編集していた/etc/network/interfaces は使用しません。

 

Wi-Fi情報の設定

Terminalから/etc/wpa_supplocant/wpa_supplicant.confを編集します。

nanoコマンドでファイルを編集します。

 

表示された内容から、下記の通りに変更してください。

 

上記の7行を正しく入れることができれば、確実に接続できます、つながらない時は以下のようなミスがないか確認しましょう。

  • 余分な空白が入っている?
  • ダブルクォーテーションが全角?
  • スペルミス(特に自宅SSID)
  • 最後の}がない

パスフレーズを暗号化する

PSKの暗号化はTerminalにてコマンド入力することで行うことができます。WINやMACからの接続ではできないので、直接Raspbian環境に接続してください。

 

 

コピーペーストより、コマンドか追記しましょう。間違えないように気をつけてください。

 

どうしても暗号化が難しいという場合は、平文のまま繋げてください。その後から暗号化にトライして書き換えてもOKです。(前述のpsk=”abcdefgh”のように記載する)

平文での設定ならば、暗号化する側の行は必要ないので行頭に#マークを付けコメントアウトすれば良いです。

暗号化が解らない時や上手く出来ない時は、前述の平文で大丈夫です。

もう一度、ここに記述しておきます。

 

まとめ

いかがでしょう?WIFI接続できましたか?

 

お疲れ様でした。