Raspberry Pi python 初期設定OSインストール(WINDOWS)

はじめに

皆さん、こんにちは。ALEXです。当塾でもIoTスキルアップのための講座を開設しました。少なくとも、自分でIoTシステムを構築できるようになってください。そのテクニックはすべてこのブログに記します。ということはすべて無料ということです。

かくいう私も、IoTエンジニアとして必要なスキルはすべて無料で手に入れました。本当にGoogle先生ありがとうございます。

まず、第一回はラズパイを使うための第一歩としてOSをSDカードにインストールします。

 

準備

以下のアイテムをそろえます。

  • Raspberry Pi3 Model B またはRaspberry Pi ZERO W/WH(本体) 
  • microSDカード(8GB以上)
  • microUSBケーブル
  • USB充電器
  • LANケーブル
  • HDMIケーブル
  • モニター
  • キーボードmicroSDカード

microSDカードは8GBあればOSはインストールできますが、最近は容量の大きいSDカードの価格が下がっていますので、容量が大きいものも使えます。私が普段使っているものを紹介します。

 

 

OSのダウンロードとインストール

OSのダウンロード

RaspberyPi用のOS、RASPBIANはには RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP とRASPBIAN STRETCH LITEの2種類があります。

  • STRETCH版はGUI(デスクトップ環境あり)
  • LITE版はCUI(デスクトップ環境なし)

IoTのノードとして使うだけであればLITEで事が足りますが、まず1台目はデスクトップ環境が使えるRASPBIAN STRETCHをインストールします。

 

以下のサイトからOSイメージファイルをダウンロードしましょう。

Download Raspbian for Raspberry Pi

RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOPの「Download ZIP」を選択します。ファイルサイズは6GB程度ありますので、WIFI環境で確実にダウンロードできる場所で行ってください。

 

ダウンロードが完了したら解凍します。ファイルサイズが大容量なので、解凍するためには7ZIPを使うことをお勧めします。

7zipダウンロード

お使いのPCのOSに合わせて.exe形式のファイルをダウンロードして実行すると、7zipがインストールされます。使い方は簡単なので、7Zipの使い方の紹介は省略します。

 

OSのインストール

OSをインストールするために、まずSDカードをフォーマットします。SD Formatterを使います。

以下のサイトから「同意します」を選択してダウンロードしてください。。

SD Formatter for Windows

f:id:hirazakura:20170505110839p:plain

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、setup.exeを実行しインストールします。

microSDカードをパソコンに挿入します。多くのPCのSDカードではそのままmicroSDカードを使えないケースが多いので、必ずアダプタを用意してください。次に「SDFormatter」を起動します。

「Drive」がフォーマットを実施するmicroSDのドライブになっているか確認してください。

「オプション設定」を選択します。

f:id:hirazakura:20170506214428p:plain

「消去設定」を「イレースフォーマット」にします。

「論理サイズ調整」を「ON」にします。

f:id:hirazakura:20170506214442p:plain

 

設定が完了しました。次に「フォーマット」を選択し、フォーマットを開始します。

f:id:hirazakura:20170506215222p:plain

 

以下のようなダイヤログが表示されますので「OK」を

f:id:hirazakura:20170506200755p:plain

 

以下の表示が出たら、フォーマット完了です。

f:id:hirazakura:20170506211049p:plain

 

SDカードにOSを書き込みます。

 

次にDカードにOSを書き込むためにWin32DiskImagerを使います。

以下のサイトから「win32diskimager-1.0.0-insatll.exe」を選択してください。

Win32 Disk Imager

f:id:hirazakura:20170505013701p:plain

ダウンロードした「win32diskimager-1.0.0-install.exe」を実行しインストールします。

 

「Win32DiskImager」を起動します。

フォルダアイコンを選択します。

f:id:hirazakura:20170506211903p:plain

 

ダウンロード&解凍したRaspberryPiのOSイメージファイルを選択します。

「Device」がOSをインストールするSDカードのドライブになっているか確認し、「Write」を選択します。以下のようなダイヤログが表示されるたら「Yes」を押します。

f:id:hirazakura:20170506211832p:plain

 

書き込みが完了しました。OKを押せば完了。終了してください。

f:id:hirazakura:20170506211820p:plain

 

まとめ

お疲れさまでした。これでOSをmicroSDにインストールすることができました。

 

次は、このmicroSDをラズパイに組み込んで起動してみたいと思います。