PythonでWEB開発

はじめに

みなさんこんにちは。ALEXです。プログの新シリーズを連載します。「WEBアプリを開発しよう」として、人気のHerokuにFLASKを使ってウェブアプリをリリースする。という今注目度の高い技術を解説します。「HerokuにFLASK?難しそうー」と思うかもしれませんが、とても簡単です。すごい昔、Perlを使ってWEBアプリを開発した時は、HerokuやFLASK、Git、Bootstrapといったとても便利なサービス、ツールはなく、必死に「KENT-web」や「とほほのperl入門」を見ながらしこしこCGIを使って開発していました。そのころから比べると開発コスト、期間も有利になり、本当に短時間でWEBアプリをリリースすることができます。さあ、さっそくこの連載物をトレースしてWEBアプリ開発エンジニアになってください。

WEBアプリ開発に必要な技術

WEBアプリ開発に必要な技術(コード、サービスの使い方)はざっと下の通りです。

Python

基本的なコードはPythonで書きます。オブジェクト指向を「ざっくり」把握していればなんとかなると思います。このあとのFLASKではデコレーターてんこ盛りなので、この辺までは技術がいります。

FLASK

人気のPythonフレームワークです。Djangoと比べるとコンパクトなので、学習コストが低く済みます。

Heroku

基本的な機能は無料で使える大人気のSaaSサービスです。制御用のHerokuCLIはコマンドプロンプトで使えるので、それほど難しくはありません。

Heroku でpushできなくてあきらめる前に見るページ

 

Git/Github

HerokuへのファイルのアップロードはHerokuしか使えないので、基本的な使い方そをマスターしましょう。ここがHerokuのしきいをやや高くしているかもしれません。これも基本的にCUIで操作するので、なんとかなります。

GitHub ForkからPull Requestまでの手順

 

BootStrap

BootstrapはウェブサイトやWebアプリケーションを作成するフロントエンドWebアプリケーションフレームワークです。とても簡単にレスポンシブルなウェブデザインを実現することができます。CSSとにらめっこする必要もないです。JQueryと併用できます。

 

HTML

WEB表示なので、基本的なコードは理解が必要です。とくにフォームを使いまくるので、ここは押さえましょう。

 

この目次ページにリンクを張っていきますので活用ください。